コエンザイムQ10の酸化型とは?

前へ
次へ

コエンザイムQ10の種類

コエンザイムQ10は、大きく分けると「酸化型」と「還元型」の2つのタイプがあります。どちらも私たちの身体に欠かせないコエンザイムQ10に変わりありませんが、それぞれのタイプに特徴があります。コエンザイムQ10がサプリメントとして誕生したのは酸化型としてでした。もう一方の還元型は、あとから開発されたタイプです。これから初めてコエンザイムQ10を取り入れようと検討されている方は、2つのタイプの違いを知っておきましょう。

酸化型

コエンザイムQ10サプリメントが発売された初期からのタイプです。「ユビキノン」と呼ばれることもあります。体内に元々あるタイプとは異なり、体内に取り入れられたあとは1度「還元型」に変換される必要があります。

還元型

私たちの体内に存在しているコエンザイムQ10と同じタイプが「還元型」です。 「ユビキノール」とも呼ばれます。体内に存在する型と同じ型なので、体内に取り入れたあとも変換する必要がありません。そのため吸収率が高く、効率良く体内でエネルギーを生み出し、すばやく抗酸化作用を発揮してくれます。比較的どの年代の方でも効果を実感できるタイプといえるでしょう。酸化型より少々高い価格設定です。

酸化型コエンザイムQ10は効率が悪い?

「酸化型」も「還元型」も、どちらも体内で吸収されると抗酸化作用やエネルギーを作り出して、私たちの身体で美容や健康のために働きかけてくれます。なにかと比較されることが多いコエンザイムQ10の「酸化型」と「還元型」ですが、どちらもそれぞれに特徴を持っています。コエンザイムQ10の始まりは心臓疾患の治療薬でしたが、使用されていたコエンザイムQ10は酸化型でした。多くの臨床実験が行われ、効果が認められたのです。

体内で同じ作用をするコエンザイムQ10でありながら比較されてしまう理由は、やはり吸収率の違いでしょう。還元型は体内に取り込まれるとそのまま作用するのに対して、酸化型は体内に取り込まれたあと1度小腸で還元型へ変換されなければ効果を発揮できません。そのため普段は還元型を使用されている方が酸化型に切り替えた場合、効果に違いを感じてしまうかも知れません。

ただ、現在は酸化型でも独自に吸収率を高めたコエンザイムQ10サプリメントが発売されているので、1度試してみるのも良いでしょう。また従来の酸化型コエンザイムQ10も、その特徴を知り目的に合わせて使用することで効果を実感できます。

このような方に酸化型コエンザイムQ10をお勧めします

酸化型コエンザイムQ10が吸収率を低下させてしまう理由は、体内のコエンザイムQ10量の減少する時期が関係しています。コエンザイムQ10は私たちの体内に存在していて、細胞を酸化から守り、エネルギーを作り出しています。ところが身体への大切な働きを持っていながらも、コエンザイムQ10の量は20代をピークにして以降は減少してしまうのです。そしてコエンザイムQ10の量が減ることでエネルギーを作り出せなくなってしまいます。つまりエネルギー生産量が減ることで、酸化型を還元型へ変換する力が弱まってしまうのです。

コエンザイムQ10量は40代から大幅に減少してしまいます。そのため40代以降の方は、比較的早い段階で効果を実感するには還元型を取り入れたほうが良いでしょう。

20~30代の方は酸化型を還元型へ変換するエネルギーを充分蓄えています。20代の方で初めてコエンザイムQ10の使用に酸化型か還元型を迷われている場合は、酸化型を選ばれても良いでしょう。

また、コエンザイムQ10に関して様々な実験や研究がされています。その際に酸化型コエンザイムQ10を用いた研究が多く行われていて、アンチエイジングや生活習慣病への効果も認められています。コエンザイムQ10は40代から大幅に減少してしまいますが、酸化型は還元型より価格がお手頃です。初めてコエンザイムQ10の使用を検討されている40代以降の方で、まずは試して試してみたいという方は酸化型から始めてみるのも良いでしょう。

酸化型も還元型も、それぞれに特徴と利点があります。コエンザイムQ10は老化を遅らせる大切な役割を持つ成分ですので、自分のスタイルに合ったタイプを選び、継続して補っていきましょう。

ページのトップへ戻る