コエンザイムQ10と飲み合わせてはいけない薬は?

前へ
次へ

コエンザイムQ10と飲み合わせてはいけない薬の種類

コエンザイムQ10の購入を検討されている方の中には、治療のために何か薬を服用されている方もいるのではないでしょうか?コエンザイムQ10は私たちの身体の中に存在している安全な成分です。ところがサプリメントで摂取した場合は、服用している薬によってはその効果を強めたり、反対に弱めてしまう場合があります。これを相互作用といいますが、薬もコエンザイムQ10も相互作用が起きないよう安全に摂取していかなければいけません。
そこで安心して薬が服用できるように、どんな薬がコエンザイムQ10と相互作用があるのかみていきましょう。

降圧剤・血糖降下剤

高血圧の治療に使用する降圧剤や、糖尿病の治療に使用する血糖降下剤をコエンザイムQ10と併用すると、薬の効果を強めてしまう恐れがあるので注意が必要です。

降圧剤を服用している方であれば血圧の低下、血糖降下剤を服用中の方では血圧とヘモグロビンが低下する場合があります。高血圧、糖尿病どちらの場合もコエンザイムQ10と同時に使用することで薬の効果が強くあらわれ、著しく血圧が低下することがあります。

コエンザイムQ10をどの程度摂取すると血圧低下などの症状があらわれるのか、現時点では明確な摂取量はわかっていません。予期せぬ危険を防いで安全に治療を続けるために、高血圧や糖尿病の治療薬を服用している間はコエンザイムQ10の使用は控える必要があります。

抗凝固薬

抗凝固薬とコエンザイムQ10を併用すると、薬の効果を弱めてしまう可能性があります。抗凝固薬は抗血栓剤の1つで、血液をサラサラにして血管内にできる血の塊「血栓」を溶かす薬です。脳梗塞や心筋梗塞などの予防目的で使用されます。

抗血栓剤の中にワーファリンという医薬品がありますが、この薬はビタミンKと反応すると血液を固めてしまうという難点があります。コエンザイムQ10はビタミンKと似た分子構造を持っています。そのため、ワーファリンとコエンザイムQ10を同時に使用すると、ワーファリンの効果を弱めてしまう可能性があります。

高脂血症治療薬

高脂血症治療薬とコエンザイムQ10との併用は、体内のコエンザイムQ10量を減少させる可能性があります。高脂血症治療薬は動脈硬化の進行を抑えるために、コレステロールや中性脂肪を減らす薬です。

高脂血症治療薬を服用すると、体内でコレステロールや中性脂肪を減らそうと作用します。ところが、体内でコエンザイムQ10とコレステロールが合成される経路が同じ場所にあり、スタチンの作用がコレステロールと同時にコエンザイムQ10にも影響してしまうのです。スタチンでの治療中患者でのデータによると、筋肉中と血液中のコエンザイムQ10が減少するという報告があります。

コエンザイムQ10だけで治療できる?

コエンザイムQ10はその高い抗酸化作用で高血圧や糖尿病を始め、生活習慣病全般の予防に効果があります。その効果に期待して、早く症状を回復させようと薬とコエンザイムQ10の併用を考えたくなるかも知れません。どちらも健康な身体を目指して使用されますが、正しく使用してこそ症状の改善、治療効果が見込めるのです。薬を服用している場合は、その相互作用について知っておきましょう。また、コエンザイムQ10サプリメントは健康食品です。健康を害することがないように、正しく使用しましょう。

万が一薬の相互作用で異変を感じたら

もし薬を服用中にコエンザイムQ10を使用して何らかの症状があらわれたら、自己判断はせず医師、または薬剤師に相談しましょう。その際は、以下のポイントを伝えると医師や薬剤師が判断しやすくなります。

  1. メーカーと製品名(パッケージを持参していきましょう)
  2. コエンザイムQ10を使用した期間と症状があらわれ始めた時期
  3. コエンザイムQ10の使用を中止したあと、症状の改善がみられたかどうか
  4. 他のサプリメントを使用しているかどうか
  5. 使用時期などは意外と覚えていないことがあります。使用時期や、念のため開封時期の記録も残しておきましょう。

    備えあえば憂いなしですが、まずは現在服用している薬の特性を良く知っておくことが大切です。服用中の薬とコエンザイムQ10の飲み合わせについて疑問があれば、医師や薬剤師に相談してから服用しましょう。

ページのトップへ戻る